地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、川崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

川崎の地域情報サイト「まいぷれ」

おうちでお花見! 醍醐の不動明王桜

桜の名所、SNS花見、そして時代はおうちでお花見へ! 桜の樹を育てよう!

毎年桜の名所はたくさんのお花見客でにぎわいます。朝から席取りをしたり、桜のトンネルを見上げながら散策したり、夜桜で風情を感じたり。
お花見をした人の約半数はSNSに投稿しているというデータが発表され、SNS花見などという言葉まで誕生。ならばいっそ自宅でお花見が楽しめたらいいのに……と思っていたところ、ベランダでも育てられる「醍醐の不動明王桜」があると聞き、販売元の株式会社スピンドルにお話をうかがいました。

鉢植えで育てる早咲きの桜が春の息吹を運ぶ

桜の樹というと大木をイメージしがちですが、「醍醐の不動明王桜」は鉢植えで育てることができ、剪定の仕方によって1メートル~7メートルと、高さをコントロールすることができます。

 

ベランダなら鉢植えで1~2メートル、庭に鉢植えで2~3メートル、庭に植えて5~7メートルと、楽しみたい大きさに。根も剪定できるので、小ぶりな鉢のままでも成長させられます。


ほかでは販売していないオリジナルブランドの桜で、一般的な品種であるソメイヨシノより半月から1カ月程度早く開花し、ひと足早く春を感じられます。可憐な薄紅色の花を楽しめるのは、1~2週間。自宅にいながらお花見を楽しめる早春が、毎年の楽しみになりますね。

愛情たっぷり! 知る人ぞ知る「京都醍醐寺」で祈願

この「醍醐の不動明王桜」は、京都府の京丹後市で誕生しました。原木のある山形県から京丹後市に枝が運ばれ、丹念に育てられたといいます。

 

「大雨や大雪の中、体を張って桜の成長を支えてきました。だから私たちにとって、とても思い入れのある桜です」。愛情をたっぷりと注ぎ、大切に大切に育てられてきました。

 

そして、京都の醍醐寺で平穏無事の御祈願を受けているのも特徴です。

 

この醍醐寺は京都府伏見区にある世界遺産で、1,100余年の長い歴史を誇ります。太閤秀吉により開催された醍醐の花見の地としても有名。まさに知る人ぞ知るお寺なのです。

育てる楽しみは、育てやすさと購入後のフォローで実現

剪定の仕方を写真入りで説明

「醍醐の不動明王桜」の苗は醍醐寺の紋が入った5号鉢に植えられ、専用の箱で届きます。剪定の仕方によって大きさや形が変わりますので、自分だけの桜の樹を大切に育てる楽しみがありますね。


また桜の樹を育てるのは難しいという印象がありますが、品種改良により害虫がつきにくく枯れにくいので、育てやすいそうです。初心者でもわかるように写真入りの育成マニュアルが同封されていて、少しでも不安なことがあれば専用ダイヤルにかけて相談できると聞き、安心しました。


年々大きくなり、花も増えていく、その喜びが味わえるのが何より楽しみです。

憧れの「桜の樹があるおうち」へ、贈答用にもおすすめ

 

ベランダや庭で育てて、憧れである「桜の樹があるおうち」を実現させる喜びは、ぜひ味わってみたいものです。その喜びをギフトにして贈られる方も多いとか。
品種名は「来幸桜(らいこうざくら)」、そして醍醐寺の御祈願を受けているということで、お祝いの贈答用にもおすすめです。お子様やお孫様の成長とともに、新居でのお花見に、入学・卒業・誕生日のお祝いに、故郷や母校への寄贈にと、いろいろなシーンにぴったり。

自宅でのお花見を思い描いて桜の樹を育てたり、大切な方の幸せを祈って贈ったりしてみませんか?

「醍醐の不動明王桜」(来幸桜)の概要

価格  10,800円 (税込) 送料別

 

陶器鉢入り(桐紋付き)で、専用の箱に詰めて、申し込みから10営業日以内に宅配便で発送。
栽培マニュアル入り、苗木の高さは約60cm~80cm程度、ただし苗木の形状には個体差があります。
*鉢、箱の形状、デザインは変更になる場合があります。
*出荷時期は11月中旬~4月下旬ころです。

お問い合わせは… 株式会社スピンドル 桜事業部 TEL03-3258-6586

この記事に関するキーワード