地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、川崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

川崎の地域情報サイト「まいぷれ」

川崎アワード

第40回 ちょっキんず 殿

このところ、ご当地アイドルやゆるキャラ、B級グルメなど、「地元」「地域」などをキーワードにするというのがメジャーになってきました。

ここ、川崎にも、

アイドルというほどキャピキャピではないけれど、
ゆるキャラほどじゃないけど、ほどよくゆるく、
B級グルメのように、味わうほど好きになる、


そんな愛すべきグループがいるのをご存知ですか?

その名は

ちょっキんず!

川崎と音楽をこよなく愛する3姉妹なのです。
川崎と音楽をこよなく愛する3姉妹なのです。
ちょっキんずとは

川崎生まれの川崎育ち、一生を川崎に捧げてもいい!? というほど、どっぷり川崎に浸かった三姉妹アーティストです。
今回は、そんな「ちょっキんず」に直撃してきました!
まりんちょ(長女)
タンバリン、ハーモニカ、ボーカル
しっかりもの担当
ゆみんちょ(次女)
ギター、ボーカル
ヤセ型ロン毛担当
さきっちょ(三女)
ベース、ボーカル
食いしん坊(ラーメン大好き!)担当
学生時代からバンドを組んでいた長女のまりんちょ、次女のゆみんちょに三女さきっちょが加わり、現在のちょっキんずが生まれました。
名前の由来はご覧のとおり全員のアダ名に「ちょ」がついていたこと、そこに「ピース」のサイン「ちょき」が合体して「ちょっキんず」としたそうです。
曲作りはもっぱらで。

「いいフレーズが浮かんだよ!」
「ここにこんな詩を入れよう」

と、いつも3人で話し合いながら曲が生まれてきているのだとか。同じ屋根の下なら、思った時にすぐ集まって話ができますね。
ライブでは熱く歌います!
ライブでは熱く歌います!
川崎への想いを聞かせて下さい。

生まれ育った大好きな街です。
子どもの頃に凧揚げをしたり馬を見たりした多摩川、釣りをした川崎港、プラネタリウムを何度も見た生田緑地。川崎のどこに行っても思い出がいっぱいあります。

いまだにご近所同士で手作りお菓子をプレゼントしあったり、気軽に挨拶をかわせるような、下町っぽい人情あふれるところも好き。

そして、私達にとって1番嬉しいのが『音楽のまち・かわさき』。

街自体が私達のようなミュージシャンを全力で応援してくれる! こんなに素晴らしい街はなかなか無いとおもいます!
いつか結婚しても、必ず川崎に住みたいです!
表彰します!
表彰します!
なんという川崎愛! アツイ!
これはもう、表彰するしかありません!
これからも熱く歌い続けてください!
これからも熱く歌い続けてください!

ちょっキんず これからの予定

人気のキーワード