地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、川崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

川崎の地域情報サイト「まいぷれ」

インターンシップ受け入れ企業からのメッセージ

タカネ電機株式会社

工場長 坂本 敏(さとし) 
生産技術組立チームチームリーダー 伊東健治 
基板チームチームリーダー 北田 和明
総務部課長代理 青野 実

(1)事業の内容 

複写機、レーザービームプリンター、医療機器、放送機器、マイクログラフィックス、ファクシミリ等の電子部品の設計及び組立

(2)従業員の平均年齢

41歳(宮内工場)
定着率が高いです。ずっと働いてもらっています。
宮内工場は25名程度。日本国内では100名程度の社員ですが、技術力が必要とされるのでパートではなく正社員が多いですね。

(3)インターンシップで学んで欲しいこと 

世代の違う人、学校よりもずっと年上の人と触れ合う機会を持ってほしいです。
仕事の内容よりも会社ってどんなところだろう、という雰囲気を知ってもらいたいですね。

(4)最近の高校生のイメージは? 

みんなまじめ。言葉遣いもきちんとしている。わからないことがあったら聞いてくるし、世間で言われているような「最近の若い子は」なんて偏見はないですね。年をとっても高校生の気持ちです!

(5)刺激になったこと 

一から教える、ということがなかなかなかったのでそれが新鮮でしたね。
疲れる?そんなことはありませんでしたよ。

(6)ものづくり人材に必要な資質 

ただこういう技術がある、機械の操作ができる、というだけではありません。
なんといっても探究心!ただ教えられるだけでなく自分で積極的に勉強する姿勢を持って欲しいですね。こう工夫したほうがいいのでは?と思う気持ちが大切です。
それからアイディアですね。自分の力でお客様に対してどこまでできるか、「こうしてはどうですか?」と提案する力も大切です。

(7)この企業で必要な資質 (採用の仕方なども)

もちろん、作るのが好きなこと。一つの作業だけでなく、全部を組み立てる、完成させることに喜びを感じられる人ですね。会社では電子組立2級技能士の資格を取ってもらっています。
発想力、探究心を持っていること。自分のスキルアップの延長上に会社のためになる、というぐらいでいいです。若いうちはまずなんでもやってみることが必要。もちろん、指示まち人間は困ります。(工場のみなさん)
それから、違う物の見方ができる人。一つのことをずっと取組んできて、その中で何を学んだか、得たか、そういうことをきちんと持っている人ですね。

(8)経営方針・企業の強み 

宮内工場は高い値段の製品を作っています。一人でいろんな作業ができる、「多能工」が多いです。幅広い知識があり、工夫・応用がきく人材がいて、少ない量でも対応できます。
会社の社是(方針)は5つ。「清い心、進む心、和する心、尽くす心、顧みる心」です。初代社長直筆の社是が会社には掲げられています。
会社の目標は「企業の繁栄を通じて、社員の幸福を達成するとともに、社会に貢献する」です。社員の人材育成にも力を入れています。
また、中国にも工場を持つグローバル企業です。

(9)担当された方の一言 

不思議に思ったことを「どうしてこうするの?」と聞ける人、自分で考えることが出来る人に来てほしいです。

(10)工場長さんの一言(こういう人物であれ)

「プロであれ!」
タカネ電機株式会社

■問合先: takane@mild.ocn.ne.jp
■HP http://www.takane-jp.com/
  • タカネ電機株式会社