地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、川崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

川崎の地域情報サイト「まいぷれ」

発達障害を手掛かりとして考える「心のバリアフリー」シンポジウムを開催します

概要

生まれつきの脳機能の発達のアンバランスさや、その人が過ごす環境や周囲の人のかかわりのミスマッチから、社会生活に困難が発生する障害であり、見た目からは分かりにくいことがある「発達障害」を理解するとともに、それらを通して「心のバリアフリー」の第一歩となるシンポジウムを開催いたします。

シンポジウム全体概要

会場

川崎市高津市民館 ノクティ2  12階

(JR武蔵溝ノ口駅、東急溝の口駅から徒歩2分)

日時

平成29年12月12日(火)

 10:00~11:20 企業人事担当者向けセミナー (12階 会議室5)   

  「発達障害を理解すると進む心のバリアフリー」

 一般社団法人日本発達障害ネットワークJDDnet 事務局長 橋口亜希子氏

 

 13:30~17:00 シンポジウム (12階 大ホール)

 基調講演、パネルディスカッション等

 

 *ホワイエなどで各団体、作業所の作品展示等を行う予定

 

参加費

無料

主催・共催

主催:株式会社ジェイティービー

共催:川崎市、川崎市教育委員会

後援:オリンピック・パラリンピック等経済界協議会

特別協力:全国発達障害ネットワークJDDnet、一般社団法人川崎市自閉症協会、川崎市障がい者施設しごとセンター、富士通株式会社、全日本空輸株式会社

対象、定員

セミナー:30名、シンポジウム:500名 事前申込制

その他

情報保障として、LIVE TALK(発話者の発言を音声認識し、即時複数の画面に表示するソフト)を活用する他、シンポジウムでは手話通訳も手配します

シンポジウム・プログラム

<第一部>

13:30      主催者挨拶

13:40-14:10 基調講演1:川崎市長 福田紀彦

~かわさきパラムーブメントが目指す心のバリアフリー~

14:10-14:50 基調講演2:一般社団法人日本発達障害ネットワーク JDDnet  理事長 市川宏伸氏

~発達障害がわかると進む心のバリアフリー~

<第二部>

15:10-15:30 発達障害関連統計報告:JTB総合研究所 研究員 梅原裕子氏

15:30-17:00 パネルディスカッション

発達障害を手掛かりとして考える「心のバリアフリー」

[パネラー]  

・内閣官房内 東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局 企画官 五百旗頭千奈美氏

・オリンピック・パラリンピック等経済会協議会WG(3) 全日本空輸株式会社オペレーションサポートセンター 品質推進部 堯天麻衣子氏

・オリンピック・パラリンピック等経済会協議会WG(3) 富士通株式会社 東京オリンピック・パラリンピック推進本部 パブリックリレーション統括部マネージャー 田中雄輝氏

・一般社団法人日本発達障害ネットワーク JDDnet 事務局長 橋口亜希子氏

・川崎市市民文化局オリンピック・パラリンピック推進室長 原隆

[ファシリテーター] 

・株式会社ジェイティービー グループ本社 全社ユニバーサルツーリズム推進担当 関裕之氏

申込方法

・セミナー、シンポジウムに参加をご希望の方は、下記URLよりお申し込みください。

      https://questant.jp/q/JTB外部サイトへリンクします

・その他、展示等の観覧に際しては、事前申込は不要です。

・応募者多数の場合は、抽選とさせていただき、12月8日(金)までの参加証の返信をもちまして、当選結果とさせていただきます。参加証は当日必ずお持ちください。

[申込受付期間]

平成29年10月25日(水)10:00より平成29年12月 6日(水)12:00まで

・アクセスできない方は、下記までメール又は電話にてお問い合わせください。

[シンポジウム事務局]

株式会社JTB総合研究所 コンサルティング2部 

ユニバーサルツーリズム推進チーム 梅原、野下

電話 03-6722-0718(平日10:00~17:00)

メール ut_chousa@tourism.jp

人気のキーワード