地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、川崎の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

川崎の地域情報サイト「まいぷれ」

ソルフェージュ レッスン詳細

 宮内音楽教室 ~Musicale♪~のニュース

ソルフェージュ レッスン詳細
宮内音楽教室~musicale~ではソルフェージュのレッスンもしていますが

「ソルフェージュって何だろう!?」

と思う方も多いと思います。

そこで、私が今まで学んできた事、経験から、簡単ではありますが 書かせて頂きます。

ソルフェージュをひとことで言いますと

音楽の基礎学力 です。

楽器を演奏する時に必要な「技術」。
楽器の持ち方や扱い方、音の出し方などはこちらになります。

それに対して楽譜を読んだり、楽譜を書いたり、リズムを把握する事は「理論」になります。
ソルフェージュはこの理論 にあたります。

ではソルフェージュを学ぶとどんな良いことがあるのか?


楽譜に書かれている音楽を正しく読み取れるようになる

耳で聞いた音楽を楽譜に書く事ができる

自分で曲を作る事ができる

正しいリズムを表現できる

1人だけでなく数人でアンサンブルなども楽しめる

など…

メリットは沢山!


もしこんな悩みをお持ちの方は
是非取り組んでみて下さい

驚く程 効果が出ますよ


良く弾けるのにテンポがだんだん速くなってしまう

リズムを感じられない

アンサンブルをやるとうまく合わない
自分がどこで入っていいのかわからない…
正しい音が分からない…



さて、そのソルフェージュ力をつける為にどのような事をレッスンで行なうかをお伝えします


1.楽典

主として、楽譜の読み方、書き方、楽譜からの情報の読み取り方について学習します。
また、音楽をする人が、共通に用いる用語を修得します。

2.聴音

聴音とは、音を聞いて楽譜に書き取ることである。近年よく用いられる「コピー」、「耳コピー」にあたる。音が鳴っているときにはなるべく簡便な書き方で音をメモにとり、事後に楽譜として整えるといった工夫をする。普通は平均律のピアノで行われる。


3.視唱
その楽譜を初めて見て、ただちに歌うこと。

4.初見・伴奏付け

その楽譜を初めて見て、ただちに弾くこと。→初見

メロディだけの楽譜を見て、自分で伴奏を付ける。→伴奏付け

5.楽曲分析・作曲



大きく分けますと

幼児・小学生のレッスンから取り入れているのは、1.2

声楽のレッスンで取り入れているのは、3

音大または音楽関係のお仕事を目指す方は
1~5


→本人の希望や、こちらでその生徒にとって取り入れた方が良いと判断した場合は、追加する場合もあります。


ソルフェージュのみを受講される方もいます。
器楽の演奏の為だけでなく、保育士を目指す方、踊りに生かしたいと思う方など 様々です



ソルフェージュについてのblog記事一覧は[[http://ameblo.jp/gisellegiselle1013/theme-10095056520.html|コチラ|blank]]



ご質問、お問い合わせも、お気軽にどうぞ!

お問い合わせは、こちらから!
音楽・ダンス・バレエ[ピアノ教室・声楽・ボイストレーニング・ソルフェージュ]

宮内音楽教室 ~Musicale♪~

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。